鍵屋に依頼する前の準備について

鍵開けサービスを利用する際に用意するもの

鍵紛失などによる本人立ち会いの元の鍵開け
本人が自宅の鍵開けを鍵屋に依頼する場合は、原則として現住所と顔写真付きの身分証明書が必要になります。運転免許証・学生証・敬老手帳・外国人登録証などです。本人立ち会いの元行なわれるので、作業中は基本的にその場にいる必要があります。
安否確認など第三者が依頼する場合の鍵開け
本人ではなく第三者が鍵開けを行なう場合は、警察の立ち会いが必要です。業者に問い合わせると手続きの流れを教えてくれるので、確認しましょう。

鍵開け時の警察立ち会いは必須

警察への立ち会い依頼に関するクエスチョン

家族が依頼する場合でも警察の立ち会いが必要なのでしょうか?
賃貸アパートやマンションの場合は、賃貸契約者本人からの依頼でないと基本的に鍵開けはできません。たとえ家族からの依頼であってもできませんが、警察立ち会いの元であれば行なえます。
安否確認で鍵開けサービスを利用したいです。警察への依頼はどうすればいいですか?
最寄りの警察署又は110番に電話して事情を説明します。鍵開けの際の立ち会い依頼という形で出動要請が可能です。警察署で依頼者の身元と住人との続柄確認などがあるので、必要書類などをあらかじめ確認しましょう。
警察官の立ち会いが不要になる場合は無いのですか?
ドアチェーンやドアガードのみの鍵開けの場合は、警察の立ち会いは不要です。また、親御さんが賃貸アパートやマンションの賃貸契約者であり、鍵開けに立ち会えば、警察に立ち会ってもらう必要はありません。
TOPボタン