安否確認の鍵開けをキャンセルする際の流れを確認しよう

ギリギリで連絡がついた【鍵開けをキャンセルする】

キャンセルに関する疑問

安否を心配していた親から連絡がありました。鍵開け依頼をキャンセルすることは可能ですか?
キャンセルすること自体は可能です。しかし、依頼してから時間が経っている場合はキャンセル料を支払わないといけない可能性が高くなります。キャンセルする場合は、なるべく早めに業者に連絡するようにしましょう。安心したことで連絡を忘れてしまうと、そのまま料金が発生してしまうため要注意です。警察に立ち会いを依頼している場合もきちんと連絡を入れましょう。

鍵開け依頼のキャンセル料【どの時点で発生するのか】

鍵開け作業を依頼

予約完了時点ではキャンセル料は発生しません。しかし、そのまま連絡をせずに作業が行なわれた場合は料金が全額発生してしまうため、できるだけ早めに連絡をするようにしましょう。

鍵開け作業スタッフが出動

作業スタッフが現地に向かう前であれば基本料金は発生しませんが、キャンセル料は発生します。キャンセル料は業者によって金額が異なりますが、平均およそ5000円になります。

鍵開けポイントに到着後

鍵開けを行なう作業スタッフが当日現地に到着した場合は、基本料金に加えて出張料金が発生します。つまり料金の全額が発生するということです。鍵開けの料金は業者によって異なりますが、1万円以上であれば結構大きい出費ではないでしょうか。依頼が不要になった場合は、なるべくキャンセル料だけで済むように早めに連絡を入れましょう。

鍵開け依頼のキャンセル料はこんな点にも注意

様々な条件でキャンセル料は変動します(鍵開けスタッフ)

鍵開けのキャンセル料は業者によっても異なりますが、キャンセルするときの条件によっても変わってきます。営業時間外、悪天候、離島、山間部などの場合は、特にキャンセル料が変動します。これは、安否確認や鍵開けだけでなく全てのサービスにおいて共通しているので、鍵屋を利用する際は注意しましょう。割引サービスを利用して依頼した場合は、割引金額でのキャンセル料になるのか、通常の料金でのキャンセル料になるのかもしっかり確認した方が良いです。

TOPボタン